AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先
製品>TOYONE(技術)

TOYONE

概要技術使用方法仕様試聴ギャラリー

・無垢ひのき材を使用した「ひのきスピーカー」

オーディオでは、「重くて硬い材料」が良いとされ、市販スピーカーの多くが「MDF」という材料で作られています。 しかし、もっと音楽の情感を伝えるにはどうすれば良いか? スピーカーを構成する素材に着目し、30種類以上の木材を比較試聴していた時に出会ったのが ひのき でした。
 
ひのきは高級建材として十分な強度を持つ一方で、内部損失が低く美しい響きを持っている、という特徴を持っています。 このことは、振動特性の解析でも確認することができます。


 

強制振動に対する放射音の特性 (左)MDF、(右)ひのき



振動を吸収するMDFは、目立ったピークが無いのに比べ、
ひのき は、複数の均一な高さの振動ピークが観測され、それがスムーズに高音まで伸びており、心地よい良質な響きを持っていることが分かります。

この素材の差は、スピーカーの再生音に如実に反映されます。
MDFで作ったスピーカーが、音源の粗を露わにするようなモニターライクなサウンド対し、
ひのき で作ったスピーカーは、歌うような朗々とした豊かさを感じる音色になります。

 


ゆったりとした気分で、音楽に浸りたい。
そんな願いを叶えるのが、ひのきスピーカーなのです。




・吉野産の最高級ひのき材を使用

木材の名産地、奈良県 吉野地方では、500年に渡り優良材を生産しています。

 


吉野ひのき は、独自の植林技術により、艶やかな色合い・密な木目・高い強度を誇ります。
こうした諸物性は、音響用としても好ましい結果でした。

 


TOYONEでは、背面を除く5面に吉野ひのき を採用。
木の一枚板(無垢材)を贅沢に用いることで、伸びやかで心地よいサウンドとなりました。




・背面には、高比重カバ合板を使用

良い材料があれば、オーディフィルは使用することを躊躇いません。
TOYONEでは、背面に高比重のカバ合板を使用しました。

 


美しい響きと共に、骨格のある低音感を引き出すのに相応しい材料です。
断面の積層模様も一つの特徴となっています。





・高剛性構造エンクロージュア "Bio-Design"

スピーカー内部は、絶えず激しい振動に晒されます。ひのき は確かに響きと強度に優れた材料ですが、音の解像度や透明度を追求するには、さらなる工夫が必要でした。

一般的に、「強度を高める」ためには「厚くて重い材料」が使われます。
しかし、厚くて重い材料はそれ自体に振動をため込む性質があり、音全体の純度を損ないます。重厚長大なスピーカーが「聴き疲れする」というのは、その重量に内包した不要振動が再生音を汚しているためなのです。

とはいっても、軽い材料だけでは十分な強度を得ることができません。
様々な試作を行う中で、生物を模倣した設計とすることで、音の純度を保ちつつ十分な強度を獲得することができました。それが"Bio-Design"です。


     

生物は、骨・筋肉・表皮が複合的に存在することで、様々な運動や衝撃に耐えうる「柔軟さ」と「高い強度」を両立しています。

  骨 :無機物 高い密度と強度
  筋肉:有機物 高弾性
  表皮:有機物 柔軟性

これをスピーカーエンクロージュアに応用したのが"Bio-Design"です。

ひのき を表面に使い、音に豊かさを表現しつつ、
内部には、高強度な材料を配する
ことで、現代的な高解像度のスピーカーに仕上げることができました。

  補強材1:アルミニウム+制振材
  補強材2:広葉樹(カバ)材
  表面  :針葉樹(ひのき)材



補強構造は、スピーカーの振動特性を考慮しmm単位で調整。
結果として、ギターやピアノの構造を思い起こさせるデザインとなりました。

ひのきスピーカーの良さを引き出す、全く新しい設計手法"Bio-Design"。
小型スピーカーという括りを超えてTOYONEに導入された技術です。




・最新型10cmフルレンジ搭載

TOYONEは、フルレンジ型のスピーカーですが、古典的なフルレンジとは全く異なるユニットを採用しています。

 


2層抄紙コーン振動板

スピーカーユニットの振動板では、中高音のハリ・ツヤを出すための「高伝搬速度」、低音のコシを出す「高剛性」、歪を少なくする「内部損失」が求められるファクターとされています。 しかし、一つの素材でこれらすべてを満たすことは困難です。

そこで、異なる長所をもつ2つの素材を、振動板の基層と表層にハイブリッドしたのが「2層抄紙コーン」です。なお、「抄紙」とは、紙を平面状に形成する(抄く)工程を意味します。


Fostex社 資料より

表層には、短繊維(高叩解(こうかい)度)のケナフと備長炭パウダーを配合し、コーン紙表面の「伝搬速度」を高めています。

基層には、長繊維(低叩解度)の木材パルプを使用し、嵩高構造による「高剛性化」と適度な「内部損失」を獲得しています。

このような2層抄紙コーン振動板をもつユニットを採用したことで、TOYONEは古典的なフルレンジとは一線を画す透明かつニュートラルな音調となっています。



リッジドーム形状 センターキャップ

スピーカーユニットの中央、銀色に輝くセンターキャップにも特徴があります。

通常のセンターキャップは、ドーム型と呼ばれる点対象の形状をしています。
この場合、センターキャップの中心とボイスコイルが等距離となり、とある共振周波数で鋭いピークを生じてしまいます。

 

一方で、この「リッジドーム形状」は、ドームを上下に貫く「稜線」をもつ形状となっています。
この稜線に対して、緩やかな曲面が2面存在する形状とすることで、ドームは上下方向と左右方向で異なる形状となります。その結果、機械的な共振ピークが分散され、滑らかな周波数特性を得ることができるのです。

  
Fostex社 資料より



85mm大型フェライトマグネット

振動板を駆動する磁石は、ユニットの心臓部でもあります。

TOYONEの10cmフルレンジでは、85mm径の大型マグネットを搭載。古典的なフルレンジとは全く異なる、ダイナミックで表現力に富んだサウンドの源となっています。


   




・サイズを超える低音技術

TOYONEは小さなスピーカーですが、俊敏かつダイナミックな低音再生を得意としています。

フレア型バスレフポート

バスレフダクトの出口をフレア型に広げることで、放射ノイズを低減。
小音量でのリニアリティを高めると共に、大音量でもクリアで雄大なサウンドを表現します。

 



PST回路

小型スピーカーの放射特性から逆算し、大型スピーカーのような雄大なサウンドを実現するPST回路を搭載。回路の定数を測定と聴感で吟味するのはもちろん、部品の仕様方向や、銘柄による音色調整なども行い、フルレンジの良さである溌溂とした鳴りっぷりを最大限に生かす回路構成としています。






・バナナプラグ対応端子

 


ターミナルには、バナナプラグ対応タイプを採用。
幅広いスピーカーケーブルを確実に接続できる高い信頼性を誇る部品で、
TOYONEの高音質を安心してお楽しみ頂けます。






Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.