AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先



ひのきスピーカー工房 -オーディフィル-

オーディフィル(AudiFill)は、2016年にスタートした個人事業です。

代表カノン5Dのスピーカー製作ノウハウを元に、高品位なスピーカーシステムを世に送り出すことをモットーとしています。  現在、サラリーマン勤めの傍ら、副業として活動中。


代表 カノン5D の自己紹介

  (写真)秋のヘッドフォン祭2019

1988年3月生まれ。
小・中学生の頃は、ミニ四駆や競技用ラジコンカーでモノ作りの基礎を経験する。
写真撮影にも興味を持ち、風景写真を撮り続け月刊誌で受賞すに至る。

高校生になり、オーディオに目覚める。N響の生演奏と、自身のミニコンポの音の違いに愕然とし、本格オーディオへの憧れを深める。

大学生になり、初めてのスピーカー製作を経験する。大学院では電子材料工学を専攻。
長岡鉄男氏の本を熟読し、バックロードホーン型のスピーカーや共鳴管型スピーカーを製作し、その試作の過程をブログ「趣味の小部屋」に カノン5D 名義で投稿をはじめる。
ブログには書ききれない自身のノウハウを公開するために、「カノン5Dの資料室」を開設。

   
 <アマチュア時代の代表作>

社会人になった後も、趣味としてのスピーカー製作を継続し、コンテストでの受賞を複数回重ねる。

 
 コンテスト受賞作 「83Diamond」

60台を超えるスピーカー製作のなかで「ひのき材」に出会い、その音の良さを広めるため、2016年にオーディフィルの起業を決意するに至る。



なぜ ひのき を使うのか

スピーカーを製作するなかで、30種類以上の木材の響きを確認したところ、
「ひのき(桧・檜)」が、聴き心地のよく、優しい響きをもっていることに気づいたのが始まりです。

ひのき は、決して硬い材料でも、重い材料でもありません。
なぜ、ひのきが良い音がするのか、それは音響測定の結果が裏付けてくれました。

 

ひのき は、中音域に豊かな響きがあり、それが倍音までしっかり伸びていることが確認されました。それゆえに、振動を殺さずに「豊かに歌う」ような鳴り方のスピーカーになったと考えています。

オーディフィルは、「柔らかく聴き疲れしない音」と「明るく前に出てくる音」の両立を、サウンドコンセプトとしています。
ひのき は、これを実現するために必要不可欠な材料なのです。



オーディフィル(AudiFill)とは

オーディフィルの語源は、オーディオ(Audio)と、
満たす(満たされる)(Fill、フィル)です。

「高品位なオーディオで、心が満たされる体験をしてほしい。」
そんな願いが、この名前に込められています。


実践で磨かれる音


 音は、論より証拠です。宣伝文句は多々ありますが、実際は人の耳で聴いてどうかが勝負です。
 開発者自身の聴き込みによるチューニングはもちろん、様々な環境、多くのお客様に聴いて頂き、その声を元に磨き上げていくことが重要になります。

 
真空管オーディオフェア(秋葉原)       ヘッドフォン祭(中野)


近日開催のイベント・試聴会情報は、こちら


すぐれたコストパフォーマンス

オーディフィルは小規模メーカーです。
そのため「大手に比べると、割高なのか?」と疑問に思われるかもしれません。

しかし、そうした心配はご無用です。
確実にコストを下げ、堅実に作り込む技術がオーディフィルにはあります。

(1)直販体制で、中間利益をカット

多くの市販スピーカーは、販売店を経由して売られています。

しかし、オーディフィルは工場直送の直販体制にこだわることで、
中間利益によるコストアップを無くし、お求めやすい価格を実現しています。

   

(2)確かな基本性能

小規模メーカーといえど、測定技術には拘りがあります。

音響工学の論文を元にした疑似無響室測定法などを導入し、
大手メーカーに対して決して引けを取らない音響解析を可能にしています。

   


スピーカーの性能を数値でとらえ、聴感との関係を把握したうえで、
客観性のあるモノづくりを行っています。

(3)音に効く部品に、しっかり投資。

優れたコストパフォーマンスは、「パフォーマンス」があって成り立ちます。

音に効く部品に対してしっかりと投資をしているのが、
オーディフィル製品の特徴です。

 


外から見えないところも、決して手を抜かない。
これは、長くご満足頂ける製品づくりのためのポリシーです。



満足のできる"音体験"へ

本ブランドは、皆さまの「満足できる音体験」への手引きとなることを目指しています。

単に、製品(Products)を設計・販売するだけでなく、
「オーディオ趣味を、より深く楽しむための知識・情報」「音を通して得られる体験」を楽しみ(Entertainment)として提供することを目的とします。


(第4回オーディフィル試聴会 @ エクスペリエンス・ストア二子玉川)

各所で開催するの試聴会では、製品情報の告知に限らず、音楽やオーディオを楽しむための場となるよう企画しています。特に、若い世代のオーディオファンを対象にした"アニソン試聴会"は、今後も定期的に開催を予定しています。

また、本webページには「評論/情報」として、オーディオファンに向けた情報を無料で公開しております。他にも、ブログやTwitterで、随時情報を発信しております。




Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.