AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先
製品>PR-10(技術)

PR-10

概要技術使用方法仕様試聴ギャラリー

オール無垢桧材



 「桧」は、マツやスギと同じ針葉樹でして、比較的密度が軽い部類に入ります。オーディオでは「重く・硬い」ことが大切とされ、余り採用されることのなかった素材です。

 しかし、先入観なしに様々な樹種を試聴した結果として、選ばれたのが「桧」でした。 桧の音色は「情熱的な表現力のあるボーカル。刺々しさが全くない、優しい音色。それにも関わらず、情報量は十分。低音は、鈍くならず弾力に満ちている。」といったところでしょうか。

★29種類の木材試聴レビューは、こちら。★



 PR-10では、使用する木材がすべて「桧」となっています。無垢材のなかでも高品位な「無節材」を用い、十分な厚み(全面25mm)として設計しました。さらに密度や聴感特性を考慮したペアリングを行ってスピーカーを作製しております。


45°カット



 PR-10の外観の特徴でもある、「45°カット」は音響理論に基づく必然性のあるものです。回折現象の原因にもなる90°の角を無くし、よりスムーズな音波の拡がりをもたらす45°カットは、刺々しさのない自然な中高域表現につながりました。

 PR-10では、前後両面に45°カットを施しており、そのコンパクトな筐体と相まって極めて好ましい空間表現力のあるスピーカーとなりました。


TangBand社製「W3-881SJF」搭載

 

PR-10に搭載するスピーカーユニットは、
自作スピーカーの世界で評価の高い、TangBand社製「W3-881SJF」です。

この「W3-881SJF」は、数多くあるスピーカーユニットの中でも、小型ながら十分にフラットな特性をもつ稀有な存在として、スピーカービルダーに愛されています。


可変バスレフポート

PR-10では、設置環境に合わせたチューニングが可能な、
可変バスレフポートを背面に装備しています。


低音が強調されやすい鉄筋コンクリート造の建物、もしくは壁に近い設置条件などでは、バスレフポートを1つ塞いで使用することで、キレのある低音質感とすることができます。
また、低音が不足しやすい木造住宅、もしくは部屋の中央付近への設置(フリースタンディング設置)では、バスレフポートを2つ開けての使用とすることで、適切な低音量感を確保することが可能です。


桧アンカー、各種吸音材でのチューニング

 磁気回路の不要振動を制御する「桧アンカー」のほか、2種類の吸音材を適所に配置したチューニングを実施。


内部配線はOFC導体

 内部配線は、オーディオグレード配線の基本ともいえるOFC導体。癖のないニュートラルな聴感特性をもつ線材です。

 また、これらを音質の観点から選別した銀ハンダで結線しています。プリント基板やファストン端子を用いない結線方法は、高純度な再生音につながりました。


バナナプラグ対応スピーカーターミナル



 直径4.5mmの撚線にも対応するスピーカーターミナルを搭載。5.5sqの導体をもつ極太ケーブルにも対応しています。
 (Yラグをご使用の際は8mm以上の内幅のものを推奨致します。)



  

Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.