AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先
評論/情報初心者のオーディオ入門> 2-1 ベストな機器は、人それぞれ
前へ
次へ  

2-1 ベストな機器は、人ぞれぞれ


さて、いよいよオーディオ機器の選び方についてお話ししようと思います。

どんなオーディオシステムを組むか、とても悩むかと思います。インターネットの登場で、探すことができる情報も圧倒的に多くなりました。

まずはオーディオ機器を探し始める前に、お話ししておきたいことがありますので、ぜひお付き合い下さいませ。



完璧なオーディオ機器は存在しない

限られた予算の中で、できるだけ高性能なものを…と思う気持ちがあるのは、誰もが同じでしょう。

よく「コストパフォーマンスが高い」と言われる機器がありますが、「コストが低いにも関わらずパフォーマンスが優れている」という意味です。オーディオ界に頻出の和製英語なので、覚えておくと良いかもしれません。

さて、では、「選ぶ機器に正解はあるのか?」と考えると、
それは「正解はない!」と断言できます。

確かに、人気のあるメジャーな製品、コストパフォーマンスに優れる製品、評論家が絶賛する製品、webクチコミで絶賛されている製品…というのはあります。

しかし、このオーディオ界で「誰もが推奨する製品」というのは存在しません。
どんな優れた製品、新しい機器でも、必ず賛否両論があります。

 <画像>

例えば、測定器で「測定レンジが他製品より1桁広い」という製品があれは、間違いなく優れた製品だと言えるでしょう。

しかし、オーディオは違います。
リスナーの生活スタイル、好み、こだわり によって、その選ぶものは大きく変わってくるのです。



同じ音を聴いているのに…?

確かに、生活スタイルが違えば、選ぶ機器が違うというのは何となくわかる話です。

しかし、純粋に「音だけ」で選ぶとしても、「これが正解!」という選択は存在しません。


例えば、こんな例はどうでしょう?

同じもの を見せた時、
ある人は「角のない綺麗な丸だ!」という。ある人は「いや、角のある四角形で間違いない!」という。

こんな話になったら、お互いが熱心であるほど、どちらが正しいか?という論争が間違いなく勃発する状況です。

でも、実際はこんな感じだったりするのです。

 <画像>

要するに、見ている立ち位置が違うだけですね。

ここでいう「立ち位置」というのが、「好み」や「経験」 です。
コヴィーの7つの習慣でいえば「パラダイム」ということになるでしょうか。

実は、【音】というのを他人と共有するのは非常に難しく、
各個人はそれぞれの経験や自身の感覚に基づいて、音を認知しています。

そうなると、同じオーディオ機器であっても(たとえ、同じ場所・同じ時間に同じ音を聴いたとしても!)、人により評価は大きく変わってきます。

たとえば、
 ・評論家と素人
 ・オーディオマニアとミュージシャン
 ・ベテランと若手
 ・クラシック好きと、POPS好き
  etc...


よく「オーディオマニアは音しか聞いていない。演奏家である私は音楽を聴いている(から正しい選択ができる)。」という主張を耳にします。「演奏家が推薦するオーディオ機器!」という宣伝も同様ですね。

しかし、これも「立ち位置」の問題です。誰が偉いなんてこともありませんし、あなたが推奨することと、私が気に入るかどうかは別問題なのです。




う~ん、機器選びを始めたはずが、だいぶ混迷してきた感じになってしまいましたね(笑)

本当は「これがお勧め!超最高!ドーン!」と示したいところなのですが、そういった極端な宣伝や書き込みが余りにも蔓延しているように感じるので、この場を借りて、一歩一歩説明していこうと思います。


「相性」談義も、ほどほどに。

機材を選ぶときに避けて通れない「相性」のお話。

いわゆるオーディオ機器が、一つ一つ個性があるゆえに、「A社のスピーカーにはB社のアンプを組み合わせるのが良い。」という話があります。これが「相性の良い組み合わせ」ということになります。

こうして、スピーカー・アンプ・プレーヤーそれぞれの個性を理解し、組み合わせることで、求める音を作り出すことができます。まさに、オーディオの醍醐味だといえます。


例えば、「高音が綺麗な代わりに、低音が少ないA社のスピーカー」があったとしましょう。ここに「低音に馬力感のあるB社のアンプ」を組み合わせることができれば、その欠点を解消することができる、という話です。


 <画像>


先の例は、欠点を補いあう、という話でしたが、
長所を引き出すための選択、というのも十分にあるでしょう。


しかし、問題は、「A社のスピーカーにはB社のアンプを組み合わせるのが良い。」という相性の話を【誰が】しているか。というところ。

先ほど、音の好みはそれぞれ、正しい選択も人それぞれ、であることをお話ししました。

この相性の例でも、前提として「A社のスピーカーは低音が少ない」という話がある為に、「ゆえに低音の出やすいB社のアンプと組み合わせる」という結論が導き出されていますよね?

でも「A社のスピーカーは低音が少ない」って、好き好みの話しではありませんか? 低音がどの程度欲しいか、なんて人によって大分異なるでしょう。(音の評価は人により大きく異なるものです。)

まあ、確かに100人に99人が「A社のスピーカーは低音が少ない」「B社のアンプは低音が出やすい」という判断をしていれば、相性神話として語り継がれるのも無理ありません。

でも、あなたが100人に1人の耳の持ち主である可能性もゼロではありません。もしそうだとしたら、相性神話に背いてでも自分の好きな機材を選ぶべきだと思うのですが、いかがでしょう?


 <画像>


ちなみに、相性の話が役に立つのは、オーディオ機器を買い替える時だったりします。「以前使っていた機器はA社だったけど、もう少しXXな方向の音に興味がある…」という時は、経験豊かなベテランが魅力的な選択肢を示してくれることでしょう。

そして、もう一つ。最近の機器は非常に性能が良くなり、正直、相性うんぬん言わなくても、真っ当な音を出すことができる、という現状もあります。もちろん、細かなところで個性があるのは間違いないのですが、そうした個性の問題は「使いこなしテクニック」で十分にカバーすることができるレベルである、という認識を持っています。

「相性」の話は、あくまでも個人の推奨例として参考程度に、というのが私のスタンスですね。
(※本当に相性が悪い(電気的にNGな)組み合わせも、ごく一部存在します。それは後ほどお話しします。)



各メディアに特徴的な文章?

これからオーディオ機器を選ぶにあたって、沢山の情報を集めていくと思います。インターネット上、雑誌、企業のカタログ、ショップでの試聴等。。。

そこで、ぜひ覚えておいて頂きたいのは、「情報は、発信する側が必ずいる」ということです。

何を当たり前な…と思った方もいると思いますが、発信する側の意図によって大きく情報が変化する、というのは十分に理解して頂きたいところです。

<オーディオ雑誌>
オーディオ雑誌では、情報を発信する側として、ライターや評論家の方がいらっしゃいます。
ここでの発信側の基本的なスタンスとして「こんなオーディオ機器を知ってほしい」「機器の魅力を広めたい」というものがあると思います。

それゆえに、その機材の否定的な感想は書かないようにしているようにも感じます。そもそも、機材の魅力を紹介しているのに、それに対して否定的な情報を載せてしまうとチグハグな記事になってしまうのです。


 <画像>


例えば「(A社の新製品は)力感がありながら繊細で…」という文章も多々あり、読み慣れていないと「どっちやねん(笑)」とつっこみたくなるでしょう。

こうしたオーディオ雑誌の記事について、八方美人、美辞麗句ばかり、企業と癒着してる、と言われることもあります。

しかし、先に述べたように「基本スタンスは、機材の魅力を広めること」であることを考えれば、悪いことは書かずに魅力を伝えるような文章になる、というのも理解して頂けるのではないかと思います。


<インターネット>
こちらは、個人の書き手が書いている文章ですね。
先ほどと同様に「選択の一助となりたい」という気持ちもあるのは間違いないはずですが、「自分の主張を通したい」という発信側のスタンスが強くあるのも特徴です。

それゆえに、その文章は趣味嗜好が強く滲むもので、時には過激になってしまうようにも感じます。

 <画像>

例えば、「今までのオーディオ機器はxxで、自分の〇〇はそれを解決できる唯一解である!」とか「A社にはB社が相性が良く、C社はありえない。」といったところです。

これが双方向の掲示板になると、共に熱い主張を持つ者同士が衝突し、余り好ましくない書き込みに発展することも散見されます。

結局、主張があるからキーボードを叩いている訳でして、情報を発信する側というのはそれだけ熱い想いをもった人たちである、ということですね。そして、サイレントマジョリティーが非常に多いというも、インターネットを見る時はぜひ覚えておいて欲しいところだと思います。

もちろん、インターネットに個人が書き込む情報量は膨大で、非常に有益な情報であるのも間違いありません。情報をどうやって取得するか、という時代から、情報をどうやって取捨選択するか、という時代に変わったといえるかもしれませんね。

さて、今あなたが見ているのも、インターネットでして...(笑)


<ショップ、メーカー>
これは分かりやすいですね。オーディオ機器の供給側ということで、先の例とはまた違うポジション(情報の発信者)となります。

こちらは「オーディオ機器の選択を提供する」側であると共に、「競合に負けたくない」「シェア拡大を図る」「利潤を追求する」という側面があると思われます。

利潤を追求、というとなんだかセコイように思えますが、利潤の追求なしには持続的な経営は存在しません。激動する市場の中で、競合に潰されることなく生き残るのは非常に難しいことです。
利益が出せずに倒産してしまい、日本のオーディオ業界が廃れていくのは、オーディオ好きとして望ましいことではないでしょう。

 <画像>

例えば「新製品のxxは、旧製品に比べてこんなにも・・・!」とか「他社にない〇〇技術を搭載!」とかいう文句は、よく見かけたことがあるかと思います。

確かにそういった宣伝文句は非常に魅力的なのですが、自分が本当に望むものなのか?を今一度ふりかえってみてみると良いかと思います。

ちなみに、利潤追求の企業だからできることも多々あります。その一つがオーディオショウです。広い会場を借り切って実施するオーディオイベントが(ほぼ)無料なのも、こうした企業の思惑ゆえなのですから、決して悪いことではないでしょう。





さて、いかがでしたでしょうか?

おそらく、これがお勧め!みたいな文章を期待していたかと思うのですが、それとは大きく異なる内容になってしまいました。

各メディア(雑誌やネット、ショップ)を見れば、そういった分かりやすいオススメは沢山ありますので、この「初心者のオーディオ入門」では、あえて地味なところから話を進めさせて頂きました。

とはいっても、この連載の中でもオーディオ機器の選び方をしっかりと示さないことには消化不良になってしまいますね!

次回は、どうやって初めてのオーディオ機器を選ぶか?について書いていこうと思います。





  


前へ
次へ  

評論/情報初心者のオーディオ入門>2-1 ベストな機器は、人それぞれ

Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.