AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先
評論/情報初心者のオーディオ入門> 1-5 オーディオ×ライフ=?

前へ
次へ  

1-5 オーディオ×ライフ=?


オーディオは「機材」がメインと思われがちですが、実際はそれをいかに生活に組み込むか、も大切な要素になってきます。

雑誌やSNSでは、豪華なオーディオ専用ルームをもつマニアの写真を見ることがあります。しかし、実際のオーディオマニア、とくに資金も限られている若年層の多くは、創意工夫を凝らして自分の生活とオーディオを上手く両立させています。

ここでは、私が実際に見聞きしたお宅をモデルとして、いくつかのパターンを紹介しようと思います。



一人暮らし×オーディオ

若手オーディオマニアで多いのが、実家を出ての一人暮らしパターンです。特に、首都圏であれば1Kマンションも多く、間取りも余裕があるとはいい難い状況です。



ここでは、6畳の1Kマンションをイメージしたイラストを載せています。

6畳を横長に使う設置の場合、スピーカーとの距離は1m~1.5mと比較的近接距離でのリスニングとなります。そのため、オーディオ的な音のまとまり感や、視覚的なバランスから、スピーカーはブックシェルフ型を選択する人が多いようです。

ポイントは、ソファーとベッドを兼用できるタイプの「ソファベッド」を使いスペースを有効活用しているところでしょうか。この配置では左右には比較的余裕のある空間がとれますので、お気に入りのCDや漫画本はスピーカーの両脇のラックに収納することができます。



集合住宅と防音

特に、気にする方が多いのが、「アパートやマンションで、オーディオの音を出しても大丈夫なの?」という点でしょう。それに対して、一つづつ解説していきます。

本格オーディオ ≠ 大音量必須
まず、本格的なオーディオであることと、大きな音で音楽を聞くことは、必ずしも同義ではありません。
オーディオ趣味人のなかでも、「生演奏に近い大音量が必要!」と考える人もいますが、オーディオの楽しみには必ずしも大音量は必要であありません。

ここで一つたとえ話をしましょう。
「300馬力のスポーツカーに乗ったら、スピードオーバーで検挙されるか?」

スポーツカーは、走ることを重要視して設計されています。もちろん、速く走るためのパワーも十分です。
しかし、法定速度を超えるスピードで走るかどうかは人それぞれです。アクセルの加減を間違えずに、しっかりとマナーを守って安全運転していれば、警察のお世話になることはないでしょう。
スポーツカーに乗ることは、(単にスピードを出すことだけではなく、)人馬一体となる快適なドライブフィーリングを楽しむことや、官能的なエンジン音を聴くこと、オリジナルのチューニングを楽しむことなど、スピード以外でもいくらでも魅力があるはずです。

これはオーディオでも同じです。
本格オーディオは確かに大音量を出すことができます。しかし、本稿「1-1 趣味としてのオーディオ」で書いたような、オーディオの楽しみを見出すことや、自分のシステムから出る音を満喫するためには、必ずしも大音量は必要ありません。


時間に気を付けよう!
同じ音量でも、時間によって聴こえ方が異なります。

まず要注意なのは、夜の9時以降。いわゆる夕飯から睡眠モードに切り替わる人が多い時間帯です。いくら新譜のCDを聴きたくても、この時間からは小音量に徹しましょう。
いうまでもなく、深夜の音だしは厳禁です。布団に入って眠りに入るまでの時間は、非常に聴覚が鋭くなります。この時間帯に遠くの車の音が聞こえたり、冷蔵庫の運転音さえ気になった経験のある方は多いのではないでしょうか?

安全なのは、朝の10時~夜の9時まで。休日であっても、大半の人が活動的に動いており、多少の(といても限度はありますが!)騒音には気にも留めない時間帯です。ただし、工場や病院・介護施設で、3交代や夜勤で働いていらっしゃる方もいると思うので、十分な配慮と確認は必要です。


適切な音量とは?
集合住宅のオーディオで、適正な音量は「会話ぐらいの音量」だと考えています。一般の建築構造でも問題なく防音でき、(上記の安全時間帯であれば)隣人に迷惑が掛からない音量だといえます。
この音量を知るには「オーディオで音楽(サビの部分)を聴きながら、声を張らずに会話ができるか?」が、良い判断基準になるでしょう。もし同居人がいなければ、「電話やアプリの音声を聴くのに差し障りのない音量」というのも、チェック項目となるでしょう。


あなたの部屋の防音レベルを知るには?
隣人の出す生活雑音を聞くことで、おおよその防音レベルが判断できます。

・掃除機の音は聞こえるか?
・椅子を動かす音(ガタン、グーッとか)が聞こえるか?
・洗濯機の音は聞こえるか?
(最近は静かな洗濯機も多いですが)

大抵、この3つが聞こえない(十分な防音ができている)なら、適切な音量のオーディオではほぼ問題のないレベルです。

もし、以下の項目が当てはまるなら要注意です。このレベルは、木造の一軒家内の遮音レベルと大差ありません。スピーカーは諦めて、ヘッドフォンなどで楽しむのが良いかもしれません。

・隣人の生活音がほぼ聞こえる。(掃除、洗濯のタイミングが分かる)
・会話をしていることが分かる。(ゴニョゴニョ聞こえる)
・電話の着信音が聞こえる。



新居に引っ越すなら・・・
まず、『角部屋1階』を狙いましょう。1階なら下に音が響く心配はないですし、角部屋で隣人を気にしなければ良い間取りであれば、かなり防音には有利になります。

そして、隣人が『子連れの世帯』であればなおGOODかもしれません。一人暮らしや夫婦二人だけと比べて、幼い子供(受験期より前)がいる世帯は家庭内の騒がしさが格段に高まります。多少音が漏れても、それを上回る騒がしさというのは有難いものなのです。

構造としては、「鉄骨(2階建てアパートに多い)」より「鉄筋(3階建て以上のマンションに多い)」のほうが防音に優れていると言われます。
一方で、ダイワリビング(D-room)の鉄骨物件は、比較的に防音が優れているという話を聞くことがあります。私も以前に築20年の同アパートに住んでいましたが、隣人がいるかいないか分からないほどの優れた防音性でした。

とはいっても、何よりも「適切な音量」「常識的な時間」を守り、しっかりと「ご近所づきあい(まずは挨拶!)」をやっているのが大前提となります。皆さまが良いオーディオマニア像を広めることを祈っています。



実家暮らし×オーディオ

実家暮らしは、隣人への音漏れや、部屋のスペースなど気にしなくて良いのが楽ですが、実家暮らしならではの苦労もあるかと思うので、ここに書いておきます。


ここで紹介するのは、6畳の部屋にオーディオを置いた例です。
布団で暮らしているため、椅子は小さく簡素なものとしています。

学生時代は、これに学習机や参考書が置いてあるので、部屋の物量が大変なことになりますが、
このゴチャゴチャ感も実家オーディオの魅力です(笑)

オーディオの特徴はやや大型のスピーカーを置いて、縦長設置としていること。この設置なら1.5m以上の試聴距離を確保することができますし、木造(低音がヌケやすい)の実家では低音量感が十分にあるスピーカーを使いたいところです。
オーディオを置くスペースにも多少の余裕があるので、頑張ればセパレートアンプも狙えるかもしれません。

スピーカー接地面が、部屋の外(ベランダ)への出入り口となるので、テレビはキャスターのついた移動式ローボード(自作)に載せています。家族の動線を塞がない配慮も実家ならではです。



リビング×オーディオ

家庭をもつ若いオーディオマニアのスタイルに多いのが、「リビングオーディオ」です。


こちらは、12畳のLDKにオーディオを設置したイメージとなります。オーディオ機器は、テレビのある一面に並ぶ形となります。

このレイアウトは数件のお宅で見ましたが、オーディオの物量は最小限にせざるをえないものの、12畳の空間は解放感があり、6畳の専用室とはまた違う魅力がありました

ここで出てくるのは掃除の問題。大型のスピーカーより、小型のスピーカー+安定したスタンドの方が、掃除はしやすいのだとか。音の面でも、ルームアコースティック(部屋の吸音処理など)をバッチリやらないと実力を発揮しにくい大型スピーカーより、鳴らしやすい小型スピーカーの方がメリットが大きいかもしれません。

リビングオーディオは、あくまでも共用スペース。訪問したお宅では、奥様も(オーディオは分からないと言いつつ)好きな音楽を聴いて楽しんでいる様子でした。同居人と上手くやっていくのが、リビングオーディオ成功の最大の秘訣かもしれません。



専用室×オーディオ

オーディオマニアの夢は、やはりオーディオ専用室でしょう。雑誌などで見るオーディオルームは20畳を超える完全防音・調音の部屋まであります。

しかし、10畳以下の部屋を専用室として使っているマニアも多くいます。(というか、8割以上はそうでしょう。) 子供が増えたタイミングで戸建て住宅を購入した際に、専用室を設けた人は大抵このパターンのようです。
ちなみに、前述のような大規模なオーディオルームは、還暦などを機にリフォームしたときに造った…という話を多く聴きますね。

専用室とっても、10畳以下であれば先述の「実家暮らし×オーディオ」と同じようなシステム展開が多いでしょうか。それでも専用室なので、パワーアンプを床置きにしたり、ケーブルを床に最短距離で這わせたりと、好き勝手にできるのが最大のメリットですね!




今回は、いろいろなオーディオスタイルを紹介しました。
雑誌やSNSでは余り見かけないような地味なスタイルこそが、オーディオマニアのメジャーな姿なのではないかと思っています。

次回は、第一章の まとめ です♪



  


前へ
次へ  

評論/情報初心者のオーディオ入門>1-5 オーディオ×ライフ=?

Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.