AudiFill
TOP製品評論/情報イベントAudiFillについて連絡先
製品>SOLA Mk2(技術)

SOLA Mk2

概要技術使用方法仕様試聴ギャラリー

・ひのき材を使用した「ひのきスピーカー」

ひのき は、古来から高級建築材料として重宝されてきました。
地震の多い日本において、「強さ」「粘り」を併せ持つ ひのき は、
伊勢神宮や法隆寺など、世界に誇る名建築を生み出しています。

 


この「強さ」「粘り」は、スピーカーにおいても好ましい方向に作用します。

音楽を再生しているときに、スピーカーは常時激しい振動に晒されます。
その振動をしなやかに振動を受け流す能力は、まさに木造建築の耐震性と同じだったのです。

特に、ボーカルは些細な歪でも耳には分かりやすいものです。

ひのきスピーカーで再生するボーカルは、振動を素早く逃がすひのきの特徴により、一つ一つの音が濁らずに分離する、凛とした美しさのある再生音になるのが特徴です。


同じ木材の「MDF」と比べてみても、
ひのき材は、豊かな響きをもっていることが測定で分かってきています。

 

強制振動に対する放射音の特性 
(左)MDF、(右)ひのき


振動を吸収するMDFは、目立ったピークが無いのに比べ、
ひのき は、複数の均一な高さの振動ピークが観測され、それがスムーズに高音まで伸びており、心地よい良質な響きを持っていることが分かります。

この素材の差は、スピーカーの再生音に如実に反映されます。
MDFで作ったスピーカーが、音源の粗を露わにするようなモニターライクなサウンド対し、
ひのき で作ったスピーカーは、力強く、艶やかさを感じる音色になります。

 

力強く、艶やかで、美しいボーカル再生。
それが、ひのきスピーカーの特徴です。





・吉野産の無垢ひのき材を使用

木材の名産地、奈良県 吉野地方では、500年に渡り優良材を生産しています。




吉野ひのき は、独自の植林技術により、艶やかな色合い・密な木目・高い強度を誇ります。
こうした諸物性は、音響用としても好ましい結果でした。




Concept-SOLAでは、スピーカーの6面すべてに吉野ひのき を採用。
木の一枚板(無垢材)を贅沢に用いることで、伸びやかで心地よいサウンドとなりました。

→コラム【吉野産 最高級ひのき の魅力】を読む。




・12cm口径オリジナルウーハー搭載


振動板の剛性を極限まで高めた「構造剛性振動板」を搭載。
35Hzの深々と沈む低音と、ゴリッと鳴る質感が持ち味です。

→コラム【構造剛性振動板について】(※作製中)を読む。




・ScanSpeak製 illuminatorソフトドームツイーター搭載


・高品位なネットワーク部品による、Linkwitz-Riley 4thクロス


・バナナプラグ・バイワイヤリング接続対応ターミナル


・様々な環境で最適な低音を提供する、可変ダクトシステム



・回折効果を抑える45°カット

音の回折を軽減するために、フロントバッフルに斜めカットを実施。
回折による反射を軽減することで、解像度と滑らかさを両立でき、生々しい音質になりました。


・オイル&ワックス仕上げ

ひのきの響きを最大限に生かす、オイル&ワックスによる極薄塗装仕上げ。






  購入ページはこちら


【SOLA Mk2の試聴感想】を見る





Copyright © 2016 AudiFill All Rights Reserced.